2019年07月17日

夏休みは危険がいっぱい!?

特定外来生物チラシ・表.jpg

特定外来生物講演会のチラシをデザインさせていただきましたアートぴかぴか(新しい)
徳島県内でも24種類の特定外来生物が確認されているそうですexclamation×2
夏休み期間中の開催ですので、親子で参加して、
自由研究のテーマにされてもいいかもしれませんね晴れ


特定外来生物チラシ・裏.jpg

お申し込みはメールとFAXからお選びいただけますメモ
参加無料ですので、お気軽にお越しください(◍•ᴗ•◍)るんるん


日時:2019年7月27日(土)14:00〜16:00/受付13:30〜
会場:アスティとくしま3F<第二特別会議室>
   徳島市山城町東浜傍示1番地1
料金:無料
主催:徳島アルゼンチンアリ対策協議会
お問い合わせ先:088-621-2263

posted by ken at 13:09| Comment(0) | WORK

2019年06月28日

AMICO BIG BARGAIN 2019 開催中!

AMICOさんの新聞広告と店内POPをデザインさせていただきましたアートぴかぴか(新しい)


AMICO BIG BARGAIN 2019 POP.jpg

POP


AMICO BIG BARGAIN 2019 新聞掲載.jpg

新聞広告




AMICO BIG BARGAIN 2019店内.jpg

7月7日(日)は、アミコ七夕祭を開催!
浴衣でお越しいただいたお客様には、先着50名様限定で、
四国鉄道の旅が当たる抽選会に参加できます新幹線ぴかぴか(新しい)
ぜひ、遊びにいらしてくださいね(๑´ꈊ`๑)るんるん


posted by ken at 12:00| Comment(0) | WORK

2019年05月28日

インスタ映え!壁面パネル

タムラポートリー鶏舎内.jpg

先日、徳島県阿南市にある「たむらのタマゴ」さんが運営する養鶏場
『タムラポートリー』さんに行って来ました晴れ


タムラポートリー外観.jpg

自然の緑に囲まれた、綺麗な湖畔がある山の中腹に養鶏場はあり、
安心安全を徹底的に追求した飼育方法を視察するために、全国から来られるそうです目ぴかぴか(新しい)
今回はその研修室に展示するための、壁面パネルを作成させていただきました!


タムラポートリー鶏舎内パネル.jpg

実際に養鶏場に行ったように見えるでしょ?(笑)


たむらのタマゴさんでは循環型農業にも貢献されており、
鶏糞の小売り販売はもとより、ご依頼のあった田畑に出向き、
専用車による散布もおこなっているそうですぴかぴか(新しい)

たむらのタマゴさんの卵は、こちらで販売中!
本社駐車場内に、卵が買える自動販売機もありますよるんるん


タムラポートリー壁面パネル.jpg

タムラポートリーさんに行ったときは、
こんな風に、記念写真を撮ってみてくださいね(° ꈊ °)✧カメラぴかぴか(新しい)


posted by ken at 19:00| Comment(0) | WORK

2019年04月28日

アミコゴールデンウィーク2019

今年のゴールデンウィークは最大10連休ですね!るんるんるんるん
アミコで、現在開催中の新聞広告をデザインさせていただきましたアートぴかぴか(新しい)



アミコゴールデンウィーク2019.jpg


6(月振)まで開催中です!るんるんるんるん
ゴールデンィークは、ご家族みんなでアミコに遊びに来てくださいね٩(๑°ꈊ°๑)۶
posted by ken at 18:50| Comment(0) | WORK

2019年03月05日

生物多様性について

先週末は徳島グランヴィリオホテルで開催された
第2回とくしま生物多様性活動推進フォーラム」に行ってきました目

生物多様性01.jpg

生物多様性とは…サーチ(調べる)
人間を含めたあらゆる命が(動物・植物・微生物など)
様々につながり合い、支え合うことを意味しています。



フォーラムでは、「農業」のお話をされた、
七三農園の岩見潤治さんの取り組みが大変、印象に残りましたぴかぴか(新しい)

岩見潤治さん.jpg

徳島の鳥「シラサギ」が、田んぼや畑にいる光景を目にすることがありますが、
鳥が1匹もいない畑もあります…
鳥がたくさんいる田畑には、鳥たちが食べるエサ(健康な虫や小さい生き物)がいて、
その小さな虫たちが生きることができるのは、その田畑が『健康な田畑』だから、と
話されていました。


広島県で脱サラをし、7割農業+3割は環境のお仕事をされている岩見さんは、
化学肥料や遺伝子組み換えを使わず、環境負荷をできる限り低減した有機農業をされており、
ミツバチのために、畑のどこかにミツバチ用の花(菜の花など)を残して、
種の保存をしているそうですかわいいぴかぴか(新しい)


さらに驚いたのは、カエルの手にはみんな吸盤が付いていると思っていましたが、
トノサマガエル等のカエルは、ジャンプ力はあるけれど、吸盤が付いていないので、
田畑の水路がコンクリート化した溝に1度落ちてしまうと壁をよじ登ることができず、
そのまま餓死したり、雨で下流へ流されてしまうので、
岩見さんはコンクリートに沿って、小さな動物たちが登ることができる
添え木の活動もしているそうですぴかぴか(新しい)


生物多様性02.jpg

徳島県は、私たちの食を支えてくださる岩見さんのような農家さんが、
環境に配慮した農法をすることを認証し、広めていくため、
認証制度を推進中!

posted by ken at 19:05| Comment(4) | 日記