2019年03月05日

生物多様性について

先週末は徳島グランヴィリオホテルで開催された
第2回とくしま生物多様性活動推進フォーラム」に行ってきました目

生物多様性01.jpg

生物多様性とは…サーチ(調べる)
人間を含めたあらゆる命が(動物・植物・微生物など)
様々につながり合い、支え合うことを意味しています。



フォーラムでは、「農業」のお話をされた、
七三農園の岩見潤治さんの取り組みが大変、印象に残りましたぴかぴか(新しい)

岩見潤治さん.jpg

徳島の鳥「シラサギ」が、田んぼや畑にいる光景を目にすることがありますが、
鳥が1匹もいない畑もあります…
鳥がたくさんいる田畑には、鳥たちが食べるエサ(健康な虫や小さい生き物)がいて、
その小さな虫たちが生きることができるのは、その田畑が『健康な田畑』だから、と
話されていました。


広島県で脱サラをし、7割農業+3割は環境のお仕事をされている岩見さんは、
化学肥料や遺伝子組み換えを使わず、環境負荷をできる限り低減した有機農業をされており、
ミツバチのために、畑のどこかにミツバチ用の花(菜の花など)を残して、
種の保存をしているそうですかわいいぴかぴか(新しい)


さらに驚いたのは、カエルの手にはみんな吸盤が付いていると思っていましたが、
トノサマガエル等のカエルは、ジャンプ力はあるけれど、吸盤が付いていないので、
田畑の水路がコンクリート化した溝に1度落ちてしまうと壁をよじ登ることができず、
そのまま餓死したり、雨で下流へ流されてしまうので、
岩見さんはコンクリートに沿って、小さな動物たちが登ることができる
添え木の活動もしているそうですぴかぴか(新しい)


生物多様性02.jpg

徳島県は、私たちの食を支えてくださる岩見さんのような農家さんが、
環境に配慮した農法をすることを認証し、広めていくため、
認証制度を推進中!

posted by ken at 19:05| Comment(4) | 日記