2020年03月17日

移転のお知らせ

移転のお知らせ.jpg

このたび、KENデザイン事務所は3月20日(金)をもちまして、
下記住所に移転する運びとなりました家家ぴかぴか(新しい)
新事務所は2つになり、電話番号も変更となりますので
お手数ですがご登録の変更等よろしくお願い致します電話(ㅅ´ ˘ `)♡


これを機により一層の努力をしてまいりますので、
今後とも引き続きご愛顧賜りますよう、
何卒宜しくお願い申し上げます٩(๑°ꈊ°๑)۶✧


家鴨島事務所
〒776-0010 徳島県吉野川市鴨島町鴨島668-5 ・tel&fax:0883-22-0196・mobile:090-3787-8122(代表)

家八万事務所
〒770-8079 徳島県徳島市八万町大坪105-B205・mobile:080-5359-9056

posted by ken at 14:35| Comment(0) | 日記

2020年02月29日

CUD(カラーユニバーサルデザイン)勉強会

CUD勉強会01.JPG

先週末は県立文学書道館で開催されたJAGDA主催の
CUD(カラーユニバーサルデザイン)」勉強会に参加してきましたアートぴかぴか(新しい)



色弱者とは.jpg

CUDとは、色弱者(色の見え方が多数の人と異なる人)にも、
正しく情報が伝わるように、考えられたデザインのことですサーチ(調べる)ぴかぴか(新しい)




CUD勉強会02.JPG

勉強会では、色弱者が見えている世界を体感できるような
特殊なメガネを用いて説明してくださいました眼鏡ぴかぴか(新しい)



CUD勉強会04.jpg

CUD勉強会05.jpg

会議やセミナーなどでよく使われているポインターですが、
メガネを通して見ると、どこにポインターがあるのか全く分かりませんでしたふらふらあせあせ(飛び散る汗)
ポスターや案内板などの配色によっても、伝わっていなかったんだということを
知ることができ、改めてCUDの大切さが分かりましたぴかぴか(新しい)




CUD勉強会03.JPG

色弱者の色の見え方を体験できるアプリ「色のシュミレーター」を利用して、
今後のデザインに活かして行こうと思いました(° ꈊ °)✧


posted by ken at 17:17| Comment(0) | 日記

2020年01月06日

HAPPY NEW YEAR 2020

KENデザイン事務所・年賀状2020.png

新年明けまして、おめでとうございます ٩(๑ °ꈊ° ๑)۶
本年もどうぞ宜しくお願い致しますぴかぴか(新しい)



年末は仕事納めの前に、大阪へ打ち合わせに行って来ました!

中之島1.jpg

夜は、中之島の「OSAKA光のルネサンス2019」のイルミネーションを見に行ったりぴかぴか(新しい)

中之島2.jpg

あべのハルカスへ行ったりぴかぴか(新しい)

あべのハルカス.jpg

都会のイルミネーションを満喫して来ました (ㅅ´ ˘ `)ぴかぴか(新しい)


今年もKENデザイン事務所を
どうぞ宜しくお願い致します!

posted by ken at 22:00| Comment(0) | 日記

2019年12月27日

年末の恒例行事

先週末は毎年恒例の空き地の草刈り掃除をしました ʕ•ᴥ•ʔ


プラスチックゴミ.jpg

枯れ葉を集めていると、毎年たくさんのビニール袋が捨てられているのを目にします。
コンビニのおにぎりの袋や、パンの袋、レジ袋など、、、
かなり年数が経っているであろう古い袋もありましたが、
土に分解されることなく残っているのを見ると、
プラスチックゴミ問題がとても身近に感じました雨




木苺.jpg

そんな中、木苺が可愛らしく実っていました ʕ•ᴥ•ʔるんるん



頑張った後は、恒例の焼き芋!

焼き芋.jpg

焼き芋After2.jpg

やっぱり鳴門金時芋は美味しいと再認識しました!(≝∀≝)るんるん


年始は1/6(月)から営業いたします
来年もKENデザイン事務所をよろしくお願い致します٩(๑´ꈊ`๑)۶


posted by ken at 22:00| Comment(0) | 日記

2019年03月05日

生物多様性について

先週末は徳島グランヴィリオホテルで開催された
第2回とくしま生物多様性活動推進フォーラム」に行ってきました目

生物多様性01.jpg

生物多様性とは…サーチ(調べる)
人間を含めたあらゆる命が(動物・植物・微生物など)
様々につながり合い、支え合うことを意味しています。



フォーラムでは、「農業」のお話をされた、
七三農園の岩見潤治さんの取り組みが大変、印象に残りましたぴかぴか(新しい)

岩見潤治さん.jpg

徳島の鳥「シラサギ」が、田んぼや畑にいる光景を目にすることがありますが、
鳥が1匹もいない畑もあります…
鳥がたくさんいる田畑には、鳥たちが食べるエサ(健康な虫や小さい生き物)がいて、
その小さな虫たちが生きることができるのは、その田畑が『健康な田畑』だから、と
話されていました。


広島県で脱サラをし、7割農業+3割は環境のお仕事をされている岩見さんは、
化学肥料や遺伝子組み換えを使わず、環境負荷をできる限り低減した有機農業をされており、
ミツバチのために、畑のどこかにミツバチ用の花(菜の花など)を残して、
種の保存をしているそうですかわいいぴかぴか(新しい)


さらに驚いたのは、カエルの手にはみんな吸盤が付いていると思っていましたが、
トノサマガエル等のカエルは、ジャンプ力はあるけれど、吸盤が付いていないので、
田畑の水路がコンクリート化した溝に1度落ちてしまうと壁をよじ登ることができず、
そのまま餓死したり、雨で下流へ流されてしまうので、
岩見さんはコンクリートに沿って、小さな動物たちが登ることができる
添え木の活動もしているそうですぴかぴか(新しい)


生物多様性02.jpg

徳島県は、私たちの食を支えてくださる岩見さんのような農家さんが、
環境に配慮した農法をすることを認証し、広めていくため、
認証制度を推進中!

posted by ken at 19:05| Comment(4) | 日記